ぐるっといわき
  • メニュー
 
  • 検索

メニュー・料金

お稽古の案内
お稽古の案内
■お稽古日(応相談) 月3回(月1回〜でも可) ・木曜日 10:00〜12:00/17:00〜19:00 ■駐車場 あり ■月謝 4,000円(花材費別) ■教室見学 可 ■体験レッスン 可 ※レッスン代1,000円(花代込)
盛花 (もりばな)
小原流の誕生のときに、流祖・小原雲心が考案したという、最も小原流らしく、小原流ならではのいけばな。

平たい器(水盤)を用いて、材料を盛るように面的な広がりを強調したいけばなを言います。

いけばなといえば、水盤に剣山というイメージが知られていますが、そのかたちを最初に生み出したのは、小原流です。
(公式HP引用)
瓶花(へいか)
花瓶を使ったいけばなです。

江戸時代からあった「投げ入れ花」と呼ばれる、花瓶に材料を自然な姿で入れて見せるいけばなの系譜を受け継ぎ、
その伝統を踏まえた上で、より現代の感覚に合うように工夫されています。
(公式HP引用)
花奏(はなかなで)
小原流では最も新しいいけばな表現です。

これまで外へ広がるようにいけられていたいけばなの考え方を見直し、一定空間の中で内側へ向けて挿し、交差する立体美をとらえます。

限られた現代空間の中において、花の存在できる場所をしっかりと確保できるように考えられた画期的ないけばなといえます。
(公式HPより引用)
その他の花
以上の4つの形にあてはまらないさまざまないけばなが小原流にはまだまだあります。

少ない花の色と形を見つめるところから生れた「花舞(はなまい)」、植物の姿を大胆にとらえて、
自由にいける「自由表現」、アーティスティックな作品をめざす「造形いけばな」など、
その表現世界は想像以上に広大です。
(公式HPより引用)