ぐるっといわき
  • メニュー
 
  • 検索
  • いわき湯本温泉は、江戸時代には年間2万人の湯治客や遊客で賑わいを見せ、明治以降も福島県内有数の温泉 観光地として栄え、現在は年間35万人の観光客が訪れます。

    温泉は硫黄泉で、源泉は60℃ あり、婦人病や、神経痛、皮膚病によく効きます。

    いわき湯本温泉の日帰り入浴ができる施設はこちら

    いわき市の宿泊はこちらを参照ください。
    画像1
    いわき湯本温泉の泉質は、【含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉】で、「美人の湯」(美肌作用・解毒作用・末梢血管拡張作用)、「心臓の湯」(血圧を低下させる~動脈硬化、高血圧に効く)、「熱の湯」(高齢者向き~保温効果が高い)を始め数々の効能を併せ持っています。
    画像2
    源泉は、常磐地内の地下約50メートルから汲み上げた毎分5トンの湧出量を誇る摂氏59度の天然硫黄泉で、完全放流式で地下を通して各施設に配湯しています。

    インフォメーション

    名称 いわき湯本温泉|日帰り入浴マップ
    フリガナ イワキユモトオンセン
    住所 福島県いわき市常磐湯本町