ぐるっといわき
  • メニュー
 
  • 検索

  • 会社の企業精神は
    「土地建物を通じて社会に貢献する」


    創業以来42年間土地を造成し住宅用地の販売、新築の工事請負等約230を提供し、更に中古住宅の販売等も扱い住人の夢をかなえるコツコツ手造りの住宅会社として地域に密着して家造りを続けています。

    【社名の由来】
    福岡県宗像市にある元官幣大社、宗像神社からその社名を宗像土地建物という案が出ました。
    しかし、宗像の姓そのままでは面白くないので、同じ官幣大社でも春日大社の名を頂き春日土地建物と命名致しました。

    売買物件一覧はコチラ
    画像1
    【土地】土地のご相談もお任せ下さい。
    画像2
    【注文住宅】二世帯住宅です。
    画像3
    【中古住宅】勿来町白米の物件です。

    インフォメーション

    名称 いわき市の建築工事・土地・建物売買 春日土地建物株式会社
    フリガナ カスガトチタテモノカブシキガイシャ
    住所 〒970-8026
    福島県いわき市平字紅葉町43-3
    TEL / FAX 0246-23-6665 / 0246-25-5374
    お問合せの際に「ぐるっといわきを見た」とお伝えいただくとスムーズです
    公式サイト https://www.kasuga-tt.co.jp/
    E-mail お問い合わせはこちら
    営業時間 9:00~17:00
    定休日 土・日・祝日
    春日大社は奈良県春日野町にある大社で祭神は武甕槌命(かけみかづちのみこと)斎主命(いわきぬしのみこと)で平城遷都後間もなく藤原氏により現在の地に建設され以後永く平城京の守り氏神として尊嵩されたといわれています。

    今から1300年前、茨城県の鹿島神宮より白い鹿に乗った神様が現在の奈良の地に降り立ったと伝えられ以後、奈良では鹿は神の使いとして大切に扱われ現在約1300頭が生存し、これらは野生の鹿であり、これだけの頭数の野生の鹿が生存するのは世界一とされ世界遺産としても有名です。
    徳川時代に入って、家康公、手厚く鹿の保護令を出して背いた者には厳罰に処されたといいます。

    『春日土地建物』はこの様に由緒ある社名を頂いた会社なので、ありがたく大事にしたいと思います。