ぐるっといわき
  • メニュー
 
  • 検索

酸素カプセル

「ヘンリーの法則=液体に溶解する気体の量は気圧に比例して増える」の理論を応用して開発されたのが高気圧 酸素カプセルです。
カプセル内の気圧が高ければ高いほど溶解型酸素が増えることになります。

従来の酸素カプセルの内部気圧が1.1、1.2、1.3気圧なのに対して、当院で使用しているADJUST O2(アジャストオーツー)は1.35気圧です。





酸素カプセル アジャストO2アスリート

30分  800円、学生 500円
45分 1,000円、学生 800円
60分 1,500円、学生1,000円


持病・体調など当院の利用基準により使用できない場合がございます。