ぐるっといわき
  • メニュー
 
  • 検索

ホルミシスとは?

天然鉱石から発生するラドンガスを吸うことで細胞が活発になり、
健康になる若返る美しくなる』ホルミシス療法

 

 

 
免疫住宅“ホルミシスハウス”にて、ラドンガスを吸い込む


1. 体内酵素が増える
ラドンガズなどの低線量放射線を取り入れると、それが刺激となって、体内にある約3,000種類もの酵素が活性化します。万病の原因はからだを酸化させる活性酵素にあると言われますが、活性酵素を除去する抗酸化酵素「SOD」「GPX」も飛躍的に増加することが確認されています。



2. 細胞膜が元気になる
活性酵素が万病の原因といわれるのは、脂質を酸化させて過酸化脂質にするからです。過酸化脂質は細胞膜を硬化させて透過性をなくし老化を早めます。ラドンガスなどの低線量の放射線はその刺激作用によって、細胞膜の過酸化脂質を減らして透過性を良くすることが確認されています。











3. ホルモンが増える
ラドンガスなどの低線量の放射量の放射線の刺激作用によって、体内のホルモンが活性化します。実験データでは、炭水化物の代謝を調整して、血糖値の恒常性を維持するホルモン「インシュリン」が倍になりました。痛みを緩和し鎮痛作用のあるホルモン「メチオニンエンケファリン」、やる気を引き起こす「アドレナリン」、自律神経を整えて幸福感を呼び起こす「ベータエンドルフィン」などが明らかに増加するという結果が出ています。





4.ガン抑制遺伝子が活発に
低線量の放射線を臓器に照射した実験では、各臓器の細胞内でガン抑制遺伝子p53が活性化していることが確認されました。ガン細胞の増殖が抑制され、DNAの損傷が修復不可能な細胞は自発的な細胞死(アポトーシス)へと導かれることになります。





 
  宇宙飛行士は2週間もの間、地球の何百倍という宇宙線(放射線)を浴びるが、身体にとってどのくらいのダメージになるのか?
当時のNASAの医学顧問でミズーリ大学の生命科学教授であったトーマス・D・ラッキー博士は、「人体への放射線の影響」を10年にわたり調査したのです。
予想に反してその結果は、「宇宙飛行士たちは宇宙に行くと元気になって帰ってくる」というものでした。
微量放射線は人体に対して刺激として働き、生体を活性化させ、生命活動にとってはかえって有益である
米国保健物理学会「Health Physics」誌(1982年12月号)に論文発表され、微弱な放射線による人体への効果は、ギリシャ語の「horme(刺激する)」より「放射線ホルミシス」と名付けられたのです。
5.糖尿病や生活習慣病に
ラドンガズなどの低線量の放射線の刺激作用によって、からだの防御機能が高まることが確かめられています。糖尿病になりやすい体質のマウスに低線量の放射線を照射すると、グラフのように糖尿病の発症が抑制されました。さまざまな生活習慣病にも同じような働きが期待できます。




9種類美容ホルモンぴちぴち
女性ホルモンでカラダの中から美肌をつくり、男女ともに若返りが促進されます。