いわき市総合観光案内所 【平地区】

Tel:0246-23-0122

福島県いわき市の観光・名所・イベントをご紹介。案内所スタッフが、太陽の光あふれる“サンシャインいわき”の日々の情報をお伝えして参ります。

いわき市総合観光案内所 【平地区】

Tel:0246-23-0122

詳細情報

■名称
いわき市総合観光案内所
■フリガナ
イワキシソウゴウカンコウアンナイジョ
■住所
〒970-8026
福島県いわき市平田町1番地JRいわき駅コンコース南側自由通路
■TEL
0246-23-0122
お問合せの際に「ぐるっといわきを見た」とお伝えいただくとスムーズです
■公式サイト
http://www.kankou-iwaki.or.jp/
■営業時間
10:00~18:00
■定休日
年中無休(12/29~1/3を除く)

観光ガイド

「いわきマリンタワー」

「いわきマリンタワー」

国際港東端の岬、海上46mの台地に広がる、総面積700,000㎡の三崎公園一角に立つ塔屋59.99mの展望塔です。
海抜106mの展望室から、いわき一円が一望でき、屋上の「スカイデッキ」からは360度の大パノラマが広がり、潮風をうけながら非常にエキサイティングな体験ができます。
また、公園内には緑の芝生を敷きつめた広場と自然遊歩道があり、人気を集めている潮見台からは岩壁を洗う白波と、透き通った海底を眼下に望むことができます。

「アクアマリンふくしま」

「アクアマリンふくしま」

国内有数の規模を誇り、水族館としても楽しめる海洋科学館です。自然光が降り注ぐ館内では、植物・生き物が生活する環境を再現しています。メインの潮目の大水槽は、親潮と黒潮がであう福島県沖の豊かな潮目の海を表現し、サンマ・ゴマフアザラシなど多様な生き物達が待っています。
世界初のサンマの水槽内累代飼育の成功、およびメヒカリの飼育の成功をしており、運営以外にもインドネシアにおいてグリーンアイプロジェクトと呼ばれるシーラカンス調査を行っており、2006年5月30日にインドネシア海域において世界2例目となる水中撮影に成功しております。

「いわき・ら・ら・ミュウ」

「いわき・ら・ら・ミュウ」

地元の観光や物産の見どころがギッシリ詰まった観光物産センターです。小名浜港で水揚げした新鮮な魚介類市場や、レストラン、お土産コーナーなどもあり、観光遊覧船やいわきの歴史紹介コーナー「いわきライブミュウじあむ」もございます。
いわき観光の際にはぜひお立ち寄りください。

「白水阿弥陀堂」

「白水阿弥陀堂」

1160年、国主岩城則道の妻徳尼が夫の供養のために平泉の金色堂にならって建立したとされ、 平安後期に流行した阿弥陀堂建築の代表作でもあります。
お堂の優雅さ、浄土式庭園の美しさにも定評があり、庭園の雰囲気は平泉の毛越寺とよく似て います。
建物内部には、寄木造漆箔の本尊阿弥陀如来をはじめ、観世音菩薩立像、勢至菩薩立像、持国天王立像、 多聞天王立像が祭られ、国の重要文化財に指定されています。秋の紅葉もたいへん美しい場所です。

「鳴き砂の浜」

「鳴き砂の浜」

この海岸線は、全国的に有名な鳴き砂の浜です。砂に不純物が少なく、石英と石英が擦れ合い キュ・キュ・キュと良くなきます。乾燥した時期、夏の浜が、熱く照り揚げてる時などに最も鳴くようです。
サーフィン・かに釣・地引網・夏は海水浴場で賑わいます。
直近の豊間漁港では、防波堤釣、磯釣、あさり堀、わかめ採りなど磯遊びができ、子供連れでも安心して遊べますよ。とは言っても海の状況は、日々変りますので、行楽の予定立ては、豊間観光組合へお問い合わせ下さい。

公式サイト 豊間観光組合
 

小名浜美食ホテル

小名浜美食ホテル

2008年4月小名浜に新しいグルメスポット誕生!
飲食店と物販の施設で、小名浜港が目の前にあります。
アクアマリンふくしまといわき・ら・ら・ミュウの間の倉庫が,
小名浜美食ホテル として生まれ変わりました。