• いわき市の太陽光発電メンテナンス・新設取付工事|小松電工株式会社 いわき市のグルメなランチ、求人や美容室・エステ・ネイルサロン、居酒屋の情報満載のポータルサイトです。

チェックポイント




こんなことないですか?


導入時より、発電量が減っているような気がする
設置後、一度も点検したことがない
太陽光パネルの状態が確認できない



気づかないうちに効率よく発電できていない場合があります。
被害を最小限にする為には、メンテナンスが必要です。
5年、10年と長期に稼働させた太陽光発電システムは不備が発生している可能性があります。
モジュールの汚れ・設備故障・施工不備・自然災害など原因は様々。




 
不具合事例
モジュール表面の汚れ

モジュール表面の汚れ

落ち葉や黄砂、土埃の堆積により発電が低下。 発電量の低下だけではなく、モジュールの故障や、最悪の場合、焼損などに繋がる恐れがありますので早急な対応が必要。
金具の緩み・締め忘れ

金具の緩み・締め忘れ

施工時の締め忘れや微振動等による緩みが原因。放置すると、飛散だけではなく第三者との接触事故にもつながります。
予防策は、竣工時にアイチェックやトルク確認などの入念な確認が必要とされます。また、『ゆるみ止め剤』などがあります。
フィルターの詰まり

フィルターの詰まり

パワーコンディショナで発生したケース。吸気がうまく出来ず機器内部の温度が上がり、運転が停止。停止中はもちろん売電が出来ていない状態でした。状況によっては機器の発火、焼損が発生する恐れがあります。
予防策は換気の良い所での設置、その他にも定期的な清掃が必要。
端子台の焼損

端子台の焼損

直流側の端子台が焼損。芯線の噛み込み、不完全な締め付け等が原因。最悪の場合、全損の可能性もあります。それ以外にも漏電、感電の恐れもあります。
予防策は、施工時の増し締め確認やトルク確認が必要。目視や触診での確認も必要です。また経年による不具合として、端子ネジのゆるみ具合がありますので定期点検での確認も必須。
屋根材の破損

屋根材の破損


「雨漏りがしている」とのことで伺った所、屋根の瓦が割れている状態でした。
施工時に起きている可能性と金具の接触部分の経年の微振動で破損した可能性が考えられます。
保護シートが施されていない状態でもありました。
予防策として、の施工基準にのっとった正しい施工方法が必要。また、モジュール設置前の確認、施工後の確認が都度必要。取り付ける前にも屋根の状況を見定めることが重要となります。