会則

福島県立小名浜高等学校同窓会会則

第1章 名称及び目的
第1条 本会は、福島県小名浜高等学校同窓会と称し、本部を母校内におく。
 遠隔地及び多数の会員を擁する職場等に支部を設置することができる。
第2条 本会は会員相互の親睦を厚くし、母校と連絡を保ち、母校の振興に協力することを目的とする。

第2章  組    織
第3条 本会は、下記の会員をもって組織する。
(1) 普通会員 県立小名浜高等学校及びその前身校の修卒業生
(2) 準会員 県立小名浜高等学校生徒
(3) 特別会員 県立小名浜高等学校職員
(4) 客員 県立小名浜高等学校及びその前身校の旧職員

第3章  役    員
第4条 本会に下記の役員をおく。
会長 1名 常任理事 若干名(各学年2名)
副会長 若干名 幹事(支部長) 若干名(各クラス2名)
監査 2名 理事 若干名
幹事長 1名 顧問 若干名
副幹事長 若干名
第5条 役員の任務は下記のとおりとする。
(1) 会長は、会務を総理する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその代理をなす。
(3) 監査は、本会の会計を監査する。
(4) 幹事長は、会長の命をうけ、会の運営を司る。
副幹事長は、幹事長を補佐する。
常任幹事は、幹事長を補佐し、会務の審議執行にあたる。
(5) 幹事(支部長)は、幹事長の指示により、同期生並びにそれぞれの方部の連絡にあたる。
(6) 理事は、会長の命をうけ、会務(庶務、会計)にあたる。
第6条 役員は下記の方法で選出する。
(1) 会長、副会長、監査は、総会において選出する。
(2) 幹事長、副幹事長、常任幹事、幹事(支部長)、理事は、会長が委嘱する。
(3) 顧問は、学校並びに本会に功績ありたる者を総会に諮り、会長が推載する。
第7条 役員の任期は2カ年とする。但し、再任を妨げない。

第4章  事    業
第8条 本会は、下記の事業を行う。
(1) 会員相互の親睦を図り、教養の向上に資する事業
(2) 母校の発展を助成する事業(合宿所運営費も含む。)
(3) その他本会の目的達成に必要な事業

第5章  会    議
第9条 本会の会議は、下記のとおりとする。
(1) 総会 総会は、毎年1回開催し会長が招集する。
(2) 臨時総会 臨時総会は、会長が必要と認めたときに招集する。
(3) 役員会 役員会は、副会長、監査、正副幹事長、理事をもって構成し、会長これを招集する。
(4) 常任幹事会 常任幹事会は、会務の処理のため、幹事長これを招集する。
(5) 幹事会 幹事会は、役員会の構成及び幹事をもって構成し、会長これを招集する。

第6章  会    計
第10条 本会の会計は、会費、入会金及び寄付金をもってあてる。
2 準会員は、入会時に2,000円を納入する。
3 準会員は、各学年毎に会費800円、合宿所運営協力費600円を納入する。
第11条 会計報告は、総会において行う。

第12条 会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日におわるものとする。

第7章  薄    冊
第13条 本会に下記の薄冊をおく。
 会誌、会員名簿、会計簿

第8章  附    則
第14条 会員は、住所、又は身分上に異動があったときは、本校に報告する。
第15条 会則の改正は、総会において行う。
第16条 会則は、総会の決議により効力を生ずるものとする。
第17条 県立小名浜高等学校の前身校は、次のとおりとする。
 小名浜町立小名浜実業補修学校、同実業学校、同実科高等女学校、同成章女学校、同高等女学校、併設中学校

(昭和56年10月改正)
(平成15年 8月改正)
(平成16年 6月改正)