画像1

待合室においては、患者様にリラックスしてお待ちいただけるような環境作りに十分配慮しております。

画像2

初診〜治療の内容・方針等を一人ひとりに向き合い、カウンセリングを行うコンサルティングルームを完備。

画像3

常に患者さんとのコミュニケーションを大切にし、患者さんが求めているものと、私たちの技術の融合を目指しておりますので是非御来院下さい。

新着情報

2021.06.12

院長のひとりごと「やめる勇気」

私は、数多い歯科手術の経験の中で「やめる勇気」を持つことが、患者様の健康・安全を預かるものとして、第一条件だと思っている。
カウンセリングから始まり、幾度ものシミュレーションを立てて手術に臨むが、実際にオペに入ってみると、自分の想定していたもの、コンピューターで解析したものとは違った問題が出てくる。
現代はコンピューターが進化して技術はものすごく進歩しているが、想定外のものが出てきたとき、それに対して必要なのは人間の知識であり勇気である。
有事に対して何を選択するのかがとても重要で、このまま続けるのか。やめるのか。
引き返して次の計画を立て直すのか。選択を迫られたとき、患者様にとって何が一番なのかを考えれば自ずと答えは出てくる。

今の政府に必要なのは、まさしくこの「やめる勇気」だと思う。
一番に大切にすべきなのは、いつだって国民の命だという大前提が全く失われている。
中心が自分たちの立場を守ることになっているので、やめる勇気がもてないでいる。
この計画を続けることで国民にリスクがかかるのは明確なのに、自分たちの上辺だけの責任を果たす事が重要になっているので、この計画は間違いだった。
ここで学んで引き返し、もう一度やり直そう!と声を上げる政治家はひとりもいない。
オリンピックにしてもワクチン接種にしても、全てが場当たり的な選択で、本当に情けない思いである。
上に立つ者の最後の砦。
「やめる勇気」を持ったリーダーが現れる事を切に願っている。


 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっといわきは一切の責任を負いません