【駐車場のご案内】
当院の後ろに1台と1軒おいて隣(南西側)に4台ございます。ご不明な場合はお問い合わせください。




当院後ろ:B
南西側:No.4~No.7
をご利用ください。



南西側駐車場をGoogleマップで詳しくみる>
 

新着情報

2020.05.16

土曜日は8:00~11:30までの受付となります。

おはようございます。
土曜日は8:00~11:30までの受付となります。
お間違えのないようお越しください。


ストレッチ時の注意点(参考まで)

ストレッチで気をつけるポイント① やりすぎない

ストレッチでも筋トレでもやりすぎは筋肉に悪影響を及ぼします。静的ストレッチ(止まった状態を続ける柔軟体操)を行う場合でも長くて30秒を目安に行っていきましょう。ずっと刺激し続けるよりもメリハリをつけることが大切です。

 

ストレッチで気をつけるポイント② 痛みが出るまで行わない

腰のストレッチに限らず、どの部位でも言えるのは痛みが出るまでストレッチを行わないということ。ストレッチで痛みが生じるというのは体が限界と訴えている証拠です。体からのSOSを無視して取り組めむことは良いことか悪いことかすぐに察しがつくと思います。腰のストレッチをする際も腰まわりの筋肉が伸びていると感じるタイミングで止め、筋肉をほぐしていきましょう。

 

ストレッチで気をつけるポイント③ 勢いをつけない

ストレッチの基本は少しずつ体を曲げていき、関節に付随している筋肉を伸ばすことです。勢いをつけたり、友達に急に押されてしまっては筋肉を伸ばすどころか、損傷させてしまうリスクもあります。ストレッチを行う時は、ゆっくり筋肉を刺激していくことを覚えておきましょう。

 

ストレッチで気をつけるポイント④ 痛みが出ている時は行わない

体を故障している時の最善策は、筋肉が回復するまで安静にさせること。筋トレはもちろん、ストレッチなどで筋肉を刺激するのもあまりおすすめできません。痛みが気になってしまい、柔軟体操をしたい気持ちも分かりますが、できるだけ筋肉を休憩させましょう。



今日のレシピ

ナポリンタン 目玉焼きのせの作り方

材料(2人分)
  • ハーフベーコン…5枚
  • 卵…2個
  • ピーマン…2個
  • 新玉ねぎ…1/4個
  • バター…10g
  • スパゲッティ…180g
  • サラダ油…小さじ1
  • オリーブ油…大さじ1/2
  • トマトケチャップ…大さじ4
  • 粗びき黒こしょう…少々
  • 粉チーズ…適量

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっといわきは一切の責任を負いません