画像1

●役員会(ラトブ会議室にて)

画像2

●いわき街なかコンサート

画像3

●ふくしま海洋科学館 アクアマリンふくしま

新着情報

2019.04.12

ホテル ミドリ 【福島県いわき市】

こんにちは。
ウェルカムいわき復興サポートグループです!
今回は、植田町にあります ホテルミドリ 代表取締役 林毅彦様に
震災から現在に至るまでのお話を伺いました。



『「安心」と「信頼」を大切に。』
大正時代の石炭採掘事業の隆盛期から、現在の企業城下町として発展を遂げる中で、
割烹から旅館そしてホテルへと事業の変革に常に取りくみ、
「安心」と「信頼」を大切に心掛け、地元の商業・工業の経済活動の発展に努め、
地域へ訪れるお客様を快適で安心なサービスで迎え入れ、当地の新鮮な情報を発信して、
観光やゴルフ等のレジャー集客にも力を注ぎ地域への集客に貢献しております。


【震災】
宿泊や宴会のお客様を招き入れる準備中のことでした。
突然、ゆ~らゆらと船にのっているかのような揺れを感じ、初めは「あれ、めまいかな!?」と思いました。
しかし、徐々にその揺れが大きくなり、周りの人たちも「地震だ!」と騒ぎ出しました。
立って居られない程の大きく長い揺れに変わり、本棚から本が雪崩を起こし、
グラスや家具が「ガシャガシャ」と崩れ落ち乱雑に散らばりました。
TVを見ると「大津波警報」のアナウンスが放送されており、急いでお客様とスタッフを高台へ避難誘導しました。
その後、電気・水道が復旧するまで10日ほどかかり、応急処置をしながら再スタートをしたのですが、
1か月後の4月11日に発生した地震の震源地が近く、仮復旧するまで1ヶ月程かかるダメージをうけました。


[震災被害の様子]



【現在】
被災地である「うえだ商店街」の早期復旧復興のためにも
地域のコミュニティ、サービスステーションとなれるよう勉強し、
常にお客様の側に立ち、お客様の期待を超えるサービスを提供して
地域や取引先の皆様が誇れる企業を目指しております。




ホテルミドリ いわき植田 公式HPはこちら

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっといわきは一切の責任を負いません