画像1

●ホルミシスルームin Libretto(リブレット)●
店内、モデルルーム一角にホルミシスルームがございます。

画像2

●ホルミシスハウス太陽●
モデルルーム内にホルミシスルームがございます。







医師も推奨

 
大阪大学名誉教授
医療法人友紘会 彩都友紘会病院長

医学博士 中村 仁信
ホルミシス療法を、健康維持・増進に推奨します。


医学的観点のホルミシス効果
◆体内酵素が増える
ホルミシス効果により、体内に約3,000種類ある酵素が活性化していきます。万病の原因は、体を酸化させる活性酵素にあるといわれます。この活性酵素を除去する抗酸化酵素が飛躍的に増加することが確認されています。


◆細胞が元気になる
活性酵素が万病の原因とされるのは、脂質を酸化させ過酸化脂質にするからです。細胞膜を硬化させて透過性が悪いくなると老化を早めます。ホルミシス効果では、細胞膜の過酸化脂質を減らし透過性を良くすることが確認されています。


◆ホルモンが活性化する
ラドンガスなどの低線量放射線のホルミシス効果により、体内のホルモンが活性化していきます。実験データではさまざまなホルモンが明らかに増加するという結果が確認されました。体の中から美肌をつくり若返りも促進していきます。


◆生体の防御機能を高める
本来ヒトは、生まれながらに自然治癒力を持っていますが、様々な生活環境や年齢を重ねることで機能が低下していきます。ホルミシスでは、生体の防御機能を高め、自分自身で再生・防御できる体へと造り上げていきます。


◆基礎体温が上がる
現代人は、ストレスにより自律神経やホルモンのバランスが乱れ、低体温の人が増えています。ホルミシス効果によって、これらのバランスを正常に整え回復させることで基礎体温が上がることが期待できます。


◆アンチエイジング
私たちの身体の各部位や臓器の細胞は、毎日生まれ変わっています。ホルミシス効果により新陳代謝が活発になり、細胞の生まれ変わりが早まります。若返りの効果が、からだの内側から期待できます。