画像1

“WTW House Project”の外観のイメージとなります。ナチュラルサーファースタイルでどんな景観にもマッチします。

画像2

“MALIBU”の内観です。誰もが憧れる町、マリブをイメージ。豊かな時間をシンプルに愉しむための家。

画像3

“四季”の内観です。自然の共生、四季を愉しむ。受け継がれてきた快適さの知恵を未来へ継承する家です。

新着情報

2021.07.24

#Repost @r_toolbox with @make_repost・・・コンクリートの床、壁、天井。既存の階段に合板の板を付けて塗った...

#Repost @r_toolbox with @make_repost
・・・
コンクリートの床、壁、天井。既存の階段に合板の板を付けて塗っただけの階段。既存内装を撤去したスケルトン空間のまま!? とも思えるようなこちらの住まいは、toolboxスタッフ小林の自邸。

築40年のマンションを購入し、既存の内装は全て撤去。
ほぼ全ての壁と天井はコンクリート躯体現しに。1階の床はコンクリートを打ち直したそうですが、やったことは「仕上げ」というよりも、修繕でした。

小林がこの家を"住めるスケルトン空間"にしたのには理由が。

「インテリアのスタイルとかテイストといったものを、持たない空間にしたかったんです。住まいが建物や内装というハードと、暮らしというソフトで成り立っているとして、ハード側が住まいの印象を決めてしまうことを避けたかったというか」

床にはフローリングを貼ることも考えたそうですが、「そうすると“ここはこういう使い方をする空間”という性質が生まれてしまうから」と小林。各スペースの用途を検討する時間がなかったこともあったそうですが、「性質のない空間」にすることを求めた結果が、今の躯体現しだったそうです。

こんな家づくりの考えがあるんだなと私もとっても勉強になった小林の家づくり。サイト上ではもっと詳しくコラムで紹介していますのでよかったらご覧ください。



#toolbox #r_toolbox #家づくり #インテリア #interior #ツールボックス #リノベーション #renovation #キッチン #kitchen #洗面 #DIY #セルフリノベーション #施主支給 #福島県 #いわき市 #南相馬市 #ノンズファクトリー #新築 #リフォーム

※本ニュースはRSSにより自動配信されています。
本文が上手く表示されなかったり途中で切れてしまう場合はリンク元を参照してください。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっといわきは一切の責任を負いません