画像1

シャーメゾンショップ藤和地建。
駐車場は9台分のスペースがございますのでお気軽にご来店ください。

画像2

売買に関するご契約やご相談などを落ち着いた雰囲気でご対応させていただきます。

画像3

賃貸業務は私たちが担当しております。
明るく元気をモットーに対応させていただきます!

新着情報

2017.10.20

■10/20更新!最新物件情報(*^▽^*)とスタッフ遠藤のピックアップニュース■空き家の水道管トラブル

写真:

(10/20朝 小名浜港)

おはようございます!遠藤(亘)です。

今朝も雨ですね。。
最近雨の日が続いていますが、本日も
気温の低い一日になるようなので
体調管理をしっかりして仕事に臨もうと思います(^^)

さて、昨日は弊社で仲介をお任せいただいた物件のリフォーム工事を行いました。

数年間誰も使っていなかったお家という事で水道を開栓するのに
水道会社の検査立ち合いが必要だったのですが

開栓してすぐにトラブルが発生しました。

写真:
↑写真のようにお風呂場の蛇口の裏側から大量の水が噴き出してしまいました

これではリフォーム工事どころではありません。

一旦、通水を止めて先ずは水道を修理することにしました。

写真:

↑分解して水が漏れていた場所を確認します

写真:

↑近くで見るとこんな感じです。大きなひび割れ、亀裂がありますね。
どうやらここから水が漏れているようです。すぐに補修に取り掛かります。

この様な場合、本来であれば新品の浴室水栓に
部品丸ごと交換するのが一般的なのですが

今回はすぐに工事に取り掛かる必要があった為、

金属用の2液性の補修液を割れ目に流し込み、その上を
金属用パテで覆うというやり方で水を止めました。
作業時間は15分程度です。

写真:
↑補修後です。噴き出していた水が止まりました。これで安心です。

こんな感じで、序盤に思いがけないタイムロスがあったものの
その後工事を進める事が出来ました(^.^)

立ち会った水道会社の方によると、原因は冬に水道管の中の水が凍って
膨張したことによる破裂で
給湯機も破裂で水漏れの可能性とのこと。

通年、これは冬場はよくあることです。

人が住まなくなってしまった家屋は、
表面上はそのままに見えても
こうして水道管がダメになってしまうという事がとても多いです。

賃貸物件の契約時でも、冬場の長期間留守にする場合の給湯器の水抜きは
お客様にも必ず説明していることの一つです。

お家と言うのは人の暮らしと共にしか存在できないものなのだなあと
主がまだ見つからないこのお家が少し可哀そうな気がしました。

さあ、本日も同じ現場での作業の続きです!(^^)!
市外なので運転には十分気を付けようと思います。

では、今日も1日宜しくお願いします!(^○^)


   ↓  ↓  ↓  ↓

✿10/20更新! 最新の物件情報はこちら!(^^)! 


COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっといわきは一切の責任を負いません